タイトルオビ
ガングリフォン ~ザ ユーラシアンコンフリクト~ (Gungriffon the Eurasian Conflict)
画像
発売日1996年3月15日
価格¥6,380 (税抜価格¥5,800)
(サタコレ版 発売日)1998年3月12日
(サタコレ版 価格)¥2,530 (税抜価格¥2,300)
販売元㈱角川書店
ジャンル3Dロボットシューティング
プレイ人数1人
対応機種セガサターン
メディアCD-ROM
2015年の戦場で生き残りを賭けた戦いが始まる。
土壌流出、気候帯の激変により、砂漠化が進んでいる21世紀初頭。泥沼の民族紛争、そして政治経済対立の激化により、国連機能が停止、世界は再びブロック化へ向かい、軍拡の道を進んだ。
 その中で日本は、憲法を盾にAPCへの軍事協力を拒んでいた。だが、その非協力的なスタンスがアジア各国の非難を浴びる。この解決のために創設された戦闘部隊が、「日本外人部隊」であり後には過酷な戦場へ投入されていくことになる。 プレイヤーの操る機体は、攻撃ヘリと歩行マシンを融合させた新型機動兵器「HIGH-MACS(ハイマックス)」。戦場を直接支配可能な陸戦兵器でありながら、3次元機動ができるというヘリの特性も兼ね備えている。
 この「HIGH-MACS」を駆使して、各作戦で与えられた任務を遂行して勝利を目指せ!
※兵器一体あたり約450ポリゴンを使用。一画面あたり最大2500ポリゴンもの映像密度を達成。

※完璧なモーションコントロールにより「歩行」、「走行」などすべての動作にリアルなアクションを再現。

※光源計算及び空気遠近法の採用により、従来にないこだわりの3D表現を実現。
画像 画像 画像


通常版: © 1996 GAME ARTS
サタコレ版: © 1996・1998 GAME ARTS